快適!テレワーク生活

テレワークで家にいるからできる!中食を使って食事を改善しよう-太るかも?太ったかも?は改善のチャンス-

2022/5/31 16:11(更新日 2022/6/3 13:43)

ああ、今日も良く働いた。今日のごはんは何にしよう…しっかり働いたあとの美味しい食事は格別ですね。ちょっと頑張ったから、いつもより多めに食べてしまおうか。

…ちょっと待ってください。テレワークで太るかも、テレワークも何も関係なく、最近食べ過ぎて、太ったかも…そんな心配はありませんか。

テレワークは通勤をしなくていい分、運動量が減ったせいもあるかもしれない。運動はしなければと思うけれど、きつい運動はしたくないし、できたら運動したくない…

  • 最近、ちょっと太ってきたかも、できれば食事で何とかしたい!
  • 美味しいごはんはいつまでも美味しくいただきたい!

と思ったあなたに、ぜひ読んでいただきたいと思います。

テレワークで家にいるからできる!中食を使って、上手に食生活を改善しましょう。

太る理由は運動不足だけではない

テレワークになると一日の運動量が減るとよく言われます。実際そうだと思います。

しかし太る理由はそれだけではありません。家にいるのをいいことに、ついつい食べすぎてはいませんか。

会社だと第三者の目がありますが、家の中では監視の目が働きません。仕事の休憩に結構な量を食べていませんか。

一日三食に加えておやつ、食べ過ぎてはいませんか?

どのくらい食べているかざっくり把握しよう

カニクリームパスタのイメージ

まずは毎日どのくらいの量を食べているか、ざっくり把握してみましょう。

カロリー計算アプリなら何でもいいと思います。自炊したものは材料を全て一人前計算にして登録するとそれなりに近い数字が出せます。概要をつかめればいいので、大体の登録で大丈夫です。

著者はPCとスマホの両方から記録できて、登録できる種類も多いあすけんをおすすめします。

食べていないつもりでも、全部登録してみると2000kcalも摂取していた!なんてこともザラにあります。

把握できたら、次は内容を見てみます。「脂分が高くてカロリーが高いもの」を続けて食べていないでしょうか。

例えば、揚げ物。お惣菜やお弁当には揚げ物がつきものです。

または、炭水化物がメインのもの。丼や麺類の炭水化物が悪いのではなく、その上に乗るものの脂分とカロリーが高くなっていないでしょうか。天丼なら天ぷら、カルボナーラならクリームソースが脂分とカロリーが高くなる原因です。

この「脂分が高くてカロリーも高いもの」が「連続しないようにする」のがポイントです。

自炊は中食を使って手軽にバランスよく

揚げ物、丼物を減らそうとはいっても、中々自分で作るのは難しい。

だからといってお弁当を買うにしても、揚げ物が結構な確率で入っていて難しいですね。

そんなときは、中食を使って上手にバランスを整えていきましょう。一汁二菜をイメージして作るとやりやすいですね。

定期宅配の「おうちCOOP」系統がおすすめ

おうちCOOPを使うと、日々の食事の種類を手軽に増やすことができます。

家にいれば受け取りもできますし、出かけているタイミングでも留め置きができます。

主菜となる電子レンジ加熱だけの冷凍食品も豊富です。日常の冷凍食材ストックに最適です。

おすすめは自炊では手が出し辛い魚の冷凍食品系です。かつおのタタキや〆鯖があればお刺身定食に、ねぎとろの「とろ」があればねぎとろ丼ができます。

副菜は冷蔵もありますし、冷凍のほうれん草やブロッコリー、枝豆、ミックスベジタブルがあればそのまま解凍して食べても良いですし、スープの材料にできます。

家族世帯が使っているイメージが強いかもしれませんが、一人暮らしでも使えますよ!

一日の献立例

お弁当

一日の献立例です。

揚げ物を入れるパターン

朝食

  • ごはん
  • 納豆
  • 味噌汁
  • ヨーグルト

昼食

  • ごはん
  • メンチカツ(COOP冷凍)
  • 洋風野菜ミックス(冷凍品)
  • インスタントスープ

間食

  • クッキー
  • コーヒー
  • 鉄分チーズ
  • 牛乳

夕食

  • ごはん
  • かつおのタタキ(COOP冷凍)
  • ほうれん草のおひたし(冷凍+かつおぶしとしょうゆをかけて)
  • 味噌汁

丼物のパターン

朝食

  • 食パン
  • バター
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • コーンスープ

昼食

  • 牛丼(COOPに解凍するだけの牛丼の素があります)
  • 枝豆(冷凍品)
  • 味噌汁

間食

  • 緑茶
  • おはぎ(COOP冷凍)
  • ミックスナッツ(COOP)
  • 豆乳

夕食

  • ごはん
  • いわしの生姜煮(COOP冷凍)
  • ミックスベジタブルと玉ねぎの具沢山コンソメスープ

昼に揚げ物やカロリーの高い物を食べたら、夜は少し抑えるのがポイント。著者は昼に食べすぎてしまったときは夜の米飯を反対に夜にたくさん食べたかったら、昼を控えめにすることでバランスがとりやすくなります。

一日一食に魚を入れると全体的に調整しやすくなります。レンジでできる干物もありますよ。

野菜不足が気になるときは味噌汁に野菜を多めに入れると楽です。

間食は生クリームを使用したケーキやシュークリームをなるべく避けます。200kcal前後に収まるようにします。お菓子ではない、チーズなどのしょっぱい物も口当たりが優しいですね。外では中々手にしにくい間食も、家にいれば自宅の冷蔵庫がすぐそこに。保存も難しくないですね。

たとえばスターバックスの甘くておいしいドリンクを飲んだら、その日の間食はそれで終わりにします。

お昼を自炊する場合、昼休みに作って食べていたらそれで終わってしまいます。始業前に作って、お昼は電子レンジで温めるだけにしておくと時間効率がとても良いですよ。

できることから始めよう

高カロリーや脂分が高い物は一日一食に抑え、一食に魚を加える全体的な調整がしやすくなります。

テレワークで家にいるからこそ、おうちCOOPなどの中食を上手に利用してできることから、上手に食事を改善しましょう。

生協の利用はこちらから!

お住まいの地区によってサービス提供組合が異なります。

神奈川県・静岡県・山梨県

岐阜県・愛知県・三重県

滋賀県・京都府・奈良県・大阪府・和歌山県

宮城県・福島県

北海道

この記事を書いた人

制作者

エンジニア婦人

家で仕事をする、テレワーク暦3年以上のフリーランスです。
プライベートもテレワークも、おうちで快適に過ごす情報を発信します。

関連記事