快適!テレワーク生活

タイパも良し!テレワークとプロのエアコン掃除の同時進行がおすすめ!

2022/10/4 10:40(更新日 2022/11/9 15:01)

暑い夏も終わり、エアコンをつける日も減ってきたこの頃。涼しくて過ごしやすい、良い季節になってきましたね。エアコンを使わない日が続くと電気代がわかりやすく下がってなんとなく安心しますね。

ところで、エアコン掃除は毎年やっていますか?

近頃はテレワークで家にいる時間が増えて、エアコンをつけている時間も長かったのではないでしょうか。

使う時間が長かった分、いつもよりもエアコンが汚れているかもしれませんね。

エアコンが汚れていると空調の効きが悪くなったり、ひどいと健康に影響が出てしまうかもしれません。

1年以上エアコン掃除をしていない、そんな方は一度ダスキンにエアコンクリーニングをお願いしてみませんか?

ここではテレワークをしながらできてタイパもコスパも良い、ダスキンのエアコンクリーニング について紹介します。

※体験レビューはこちら→ダスキンのエアコン掃除、どんな感じで進むの?申し込みから完了までの流れをレビュー

どうしてエアコンクリーニングが必要なのか

エアコンなんてフィルター掃除で十分、内部の掃除なんて要らない!と思う方もいらっしゃるかもしれません。新しく設置したばかりのエアコンならそうかもしれませんが、1年以上使っていてフィルタ―掃除だけの場合は大変な汚れが溜まっている可能性があります。

内部の汚れで空調の効きが悪くなる

ホコリが溜まると空調の効きが悪くなります。誰でも一度や二度はエアコンをつけているのに全然効かない、そしてフィルターを見てみたらホコリがどっさり…なんて経験をしたことがあるのではないでしょうか。

そんな経験はしたことないというあなた、きれい好きでとてもすてきです。

個室なのにエアコンが全然効かないカラオケ店などを思い出してください。ひどいときは臭いまでしてくるのでとても部屋にいられない、なんてことも…。

家のエアコンはそこまでいかなくても、近い状況になっている可能性があります。そのまま放置し続けたら空調が効かなくなって、臭いも出てくるかもしれません。

健康にも悪い

どうしてもエアコン内部は湿気が溜まってしまい、カビが生えやすい状態です。

使用後に一定時間送風運転をすることでカビを生えにくくすることはできますが、まっさらな状態を保つのはとても難しいものです。

そのまま使い続けるとホコリやカビの胞子を部屋中に飛ばしていることにもなるそうです!

ホコリやカビがたくさんある部屋にずっといると「なんとなく調子が悪い」日が増えてしまうかもしれません。

自分でエアコン掃除は大変、壊してしまうリスクも

それなら業者に頼まずとも、自分でエアコン掃除をすればいい、その方が安上がりだ、と思われるかもしれません。

ですが、素人が家電を分解掃除すると故障するかもしれません。エアコンは10万円以上もするものですし、壊してしまうとエアコンが使えなくなるとそのままというわけにもいかず、買い替えになるでしょう。とても手痛い出費になりかねません。

業者にお願いしても壊れるリスクはありますから、右も左もわからない素人がやったら故障リスクははねあがってしまいます。

ネット上に自分でできるエアコン掃除の紹介がありますが、素直にプロにお任せした方が時間も掃除効果も抜群です。

自分で安全にできるのはフィルター掃除と表面拭き上げだけ

自分で比較的安全にできるのはエアコンの取り扱い説明書にも書いてある「フィルター掃除」と表面の水拭き程度です。取扱説明書に書いていないお手入れである以上、内部のクリーニングは自己責任です。これでエアコンが壊れてしまったとしても誰も補償してくれません。

大手ならではの安心感!エアコンクリーニングはダスキンにお任せ

エアコンをクリーニングする人

これらのリスクを避けるため、エアコンの内部掃除は業者に依頼しましょう。ダスキンのエアコンクリーニング に依頼すると

  1. プロ仕様の機材と洗剤でピカピカにしてもらえる
  2. 家の配慮をして掃除をしてもらえる
  3. 安心の修理保証

の、3つの良いことがあります。

プロ仕様の機材と洗剤でピカピカに!

掃除を業者に依頼すると、市販はされないような強力な洗剤を使って掃除をしてもらえます。使い方を誤ると危険なこともある薬剤ですから、プロに使って掃除をしてもらった方が安全です。

それだけ強力な効果を持っているので、掃除をした後はもちろんピカピカになります。

家の壁などが汚れないよう配慮をしてもらえる

業者依頼の場合、エアコン周りの床と壁をビニールなどで養生してから掃除を始めます。掃除をすることで壁や床が黒く汚れてしまうことはありません。

自分で自分の家を掃除するときに、汚れや洗剤が飛ばないようにきっちり養生してからやる人はそういないのではないでしょうか。

また、掃除の際に当たってしまう家具などがあれば、家主の了解を得た上で移動し、掃除後に戻す作業もやってくれることが多いです(サービスに来てくれた人によるかもしれませんが)。

そんなすてきなサービスもありますが、お掃除が入る前に自分でエアコン周りのものは邪魔にならないところへ自分で移動しておきましょう。

安心の修理保証

掃除後に故障した場合、1週間以内に何らかの故障をした場合、エアコンクリーニングが原因だとわかれば修理保証がついてきます。

ただし、10年以上前の古いエアコンの場合は修理保証がつかないと思っていいでしょう。修理することになったとしても部品がない可能性が高いからですね。この辺りはよく確認しましょう。

エアコンを使わない時期に依頼しよう

当然ですが、掃除中はエアコンを使うことはできません。

夏と冬など、使う可能性が高い季節に依頼するのはおすすめできません。

使わなくても大丈夫な日が多い10月から11月にダスキンのエアコンクリーニング を依頼すると良いですね。大掃除シーズンになると予約で埋まってしまうので、ご予約はお早めに!

テレワークしながらエアコンクリーニングをするとタイパが良い

基本的に、エアコンのクリーニング中は自宅に人がいる状態にしなければなりません。出社していると仕事が休みの日にしか掃除の依頼ができませんが、テレワークならいつでも家にいるので予約が取りやすくなります。

一般的に仕事などで外出することの多い平日日中よりも、在宅しやすい土日に予約が集中するのは想像しやすいかと思います。

この状況を使って、なるべく平日にエアコンクリーニングを依頼します。1週間の中で5日を候補日にできるので、それだけで予約も取りやすくなりますね。

お掃除当日はエアコンを使わない別の部屋で仕事をして掃除の完了を待ちます。

仕事をしている間にエアコンをきれいにしてもらえるので、お休みの日に掃除のために自宅待機をする必要はありません。時間を効率的に使えます!

別の部屋がなくても、同じ部屋の中で作業の邪魔にならない場所へ移動できればそれで問題ありません。その場合は掃除中の音がちょっと気になるかもしれませんね。

エアコンクリーニングはダスキンにお願いしよう!

テレワークで家にいる時間も長く、エアコンをテレワーク前よりは使うようになりました。

エアコンを使わなくても良い秋に、ダスキンのエアコンクリーニング をお願いするのはいかがでしょうか。

また、テレワークしながら掃除をしてもらえば、自分でやるよりも遥かにきれいになる上にタイパ&コスパが抜群によくなりますね。

※体験レビューはこちら→ダスキンのエアコン掃除、どんな感じで進むの?申し込みから完了までの流れをレビュー

ぜひやってみてください。

ダスキンエアコンクリーニングのお申し込みはこちらから↓

この記事を書いた人

制作者

エンジニア婦人

家で仕事をする、テレワーク暦3年以上のフリーランスです。
プライベートもテレワークも、おうちで快適に過ごす情報を発信します。

関連記事